田中社長プロフィール

株式会社電算システム 代表取締役社長執行委員COO田中 靖哲 さん(3/3)


『私の地図帳』は、様々な分野で活躍するリーダーにインタビューし、地図を参照しながら人生の軌跡を追っていく波瀾万丈伝です。今回登場していただくのは、総合型情報処理サービス企業として確固たる地位を築いている「株式会社電算システム」代表取締役社長執行役員である田中靖哲さん。岐阜を拠点に世界に向けて展開するオンリーワン企業に導く手腕に迫ると同時に、それを培った経験談をうかがいました。

東京都 中央区 八丁堀

より働きやすい環境を目指して

2010年には、事業拡大に伴い、東京本社機能の充実を図るために「八丁堀」に東京本社を移転しました。東京駅からも近く、日比谷線の駅が目と鼻の先にあるとても便利な場所という理由から、この地に目を付けたのです。そして2011年、代表取締役に就任し、東京と岐阜を往復する生活がはじまりました。今も拠点は岐阜ですが、なるべく週に2日――木曜日と金曜日は東京に行くようにしています。

東京本社では、リフレッシュルームを設けるなどして、社員同士が積極的にコミュニケーションをとれるような場所を充実させました。「女性が働きやすい環境」を目指し、女性の意見を積極的に取り入れるようにしていったのもこの頃からです。月1回、昼食会を開催し、社員4人ぐらいをランダムに呼んで、彼らと昼食をとりながらざっくばらんな意見を聞く、という試みもはじめました。

岐阜県 土岐市

災害に負けない基盤づくりを

ちょうど代表取締役に就任したタイミングで起こったのが、日本を震撼させた東日本大震災です。当社自身は震災の影響はそれほど大きくはありませんでしたが、地盤が強固で津波が来ないところを意識し、岐阜県の土岐に「T-IDC」というデータセンターをつくることを決めました。そこは、当社の基盤システムを運営しなくてはいけないため、もし大地震があっても耐えられるように免振装置を入れる必要がありました。ただ、なるべく無駄がないよう、大きい建物ではなく、小さい建物で免振の施設がつくれないのか……ということになり、小さなモジュールを何個か建てることになったのです。結局、電源や監視は別棟にして免震を施したモジュールをまずは3個建て、モジュール内にラックを置き、そこにコンピューターを積む、という形でデータセンターが完成しました。この発想は集積率が非常に高くなった今、実を結び、大きな建物を作るよりもはるかに効率がよい仕組みを作ることができたと実感しています。

フィリピン マニラ

フィリピンでの挑戦

我々は、今は東南アジアに目を向けていて、当社の収納代行の仕組みを海外に展開できないかということを考えています。そして見つけたのが、フィリピンのマニアにあるCBCIという収納代行の会社です。親会社に財閥系のメラルコという電力会社をもつ大手企業でして、最終的にはこちらと資本提携をする運びになりました。CBCIとしては新しい収納代行の拠点ができる、一方当社としては日本の仕組みをフィリピンに持っていける、ということで、互いの利点が合致したのです。

今年フィリピン視察にも訪れました。親会社のメラルコにも行きましたが、敷地一角に本社や子会社はもちろん、体育館までが併設されていて、その規模の大きさには驚きました。フィリピンは街全体の活気がすさまじく、今まさに成長しているというのを肌で感じることができました。ただ、交通渋滞はひどかったですね。私がフィリピンの大統領だったら、まずは、交通渋滞の改善に努めようと思いますが(笑)。もちろんフィリピンを皮切りに、他の国への展開も視野に入れています。ただし、四方八方に手を広げすぎるのも危険ですから、まずはフィリピンでの事業を成功させることに注力したいと思います。

ヨーロッパ

ヨーロッパへ

今はテロが多発しているので、なかなか気軽に海外に足を運べませんが……時間ができたらゆっくり巡ってみたいのがヨーロッパです。仕事では今後もアジアばかり訪問することになるでしょうから、プライベートではヨーロッパにひときわ憧れがあります。決まった国は特にないのですが、ヨーロッパ各国を巡ってそれぞれの歴史や文化をじっくり感じられたらいいですね。早く安心して世界を巡れるような世の中になってほしいと、心から思っています。

方針を決めること

今の若い人たちに伝えたい事は、「まずは方針を決める」ということです。これは、企業でも、部でも、課でも、個人でも、組織の大きさ関係なく言えることで、目的をしっかり達成するためには、綿密に方針を決めていくことがとても大切です。方針が決まったら、そこに向けて邁進すればいいわけですから。もちろん、ただやみくもに突き進むことができるのも若さの特権ですが、そこに自分なりのビジョンをしっかり取り入れることで、思い描いた目標が実現する可能性は増大するのではないでしょうか。今後の皆さまの活躍に期待しています。


企業情報

株式会社電算システム

www.densan-s.co.jp/

続きを読む

田中社長プロフィール

株式会社電算システム 代表取締役社長執行委員COO田中 靖哲 さん(2/3)


『私の地図帳』は、様々な分野で活躍するリーダーにインタビューし、地図を参照しながら人生の軌跡を追っていく波瀾万丈伝です。今回登場していただくのは、総合型情報処理サービス企業として確固たる地位を築いている「株式会社電算システム」代表取締役社長執行役員である田中靖哲さん。岐阜を拠点に世界に向けて展開するオンリーワン企業に導く手腕に迫ると同時に、それを培った経験談をうかがいました。

岐阜県 司町

土台をつくる喜び

岐阜に戻ると、宮崎での学びを様々なサービスに活かしていくべく、積極的に様々なシステム開発に努めました。当社の主業務のひとつに、ガソリンスタンドの情報処理がありましたが、そこにも宮崎で学んだことを活かすべく、IBMのシリーズワンを取り入れていくことになります。ガソリンスタンドではPOSシステムという機械にカード情報がおさめられるのですが、1日の業務が終わり、IBMのシリーズワンからPOSシステムに電話をすると、自動的にPOSの電源が入り、そこから1日にたまった情報がすべて送られてくる……という流れを確立させました。IBMのシリーズワンを取り入れたことにより、これらの一連の動きを自動的に行うことが可能となったのです。

そのころはまさに「オンライン通信の黎明期」でしたから、POSメーカーとどのような手順で情報を取りに行くかということを、何もない状態から決めることができました。こうして出来上がったのが「POSオンライン・サービス」です。今までにはないゼロからの状態で新しいものを作り出すという挑戦は非常に面白く、「土台をつくる喜び」を知ったのもこの頃でした。

岐阜県 日置江

更なる挑戦

会社では1984年に、日置江に新社屋が完成。オンライン通信のサービスをさらに積極的に展開していきました。特に印象に残っている仕事は、NECの汎用コンピューター(ACOS)とつなぐ端末エミュレーターを開発したことです。きっかけは1991年、宮地社長(現会長)が会合に出かけた時に、とある会社から相談され、その案件を会社に持ち帰ってきたのがはじまりです。当時、それぞれのメーカーの汎用コンピューターは、同じメーカーの専用端末しか使用できないといった問題がありました。IBMや富士通の場合は、OSや通信の仕組みが非常によく似ていて、情報も公開されていたのですが、NECは情報がクローズされているため、ACOSにつなぐ端末ソフトの開発は非常に難しい状況だったのです。

ちょうどそのころ、会社では「情報技術研究所」というのができたばかりで、私はそこを取りまとめる役割でした。宮地社長からその開発が可能かどうかを聞かれて、ACOSを徹底的に解析しました。そして「できる!」と確信し、その開発を決めたのです。それはまさに、情報技術研究所の初仕事でした。

もちろん、様々な問題もありました。そもそもNECのエミュレーターを当社が開発することをNECさんが認めてくれるのか……という話になり、宮地社長と一緒に開発許可をとりに行ったこともあります。NECさんは「NECからの情報開示はしない」という条件で、作ることを認めてくれ、実施に踏み切ることができました。試行錯誤がありましたが、完成したときは本当に嬉しかったですね。最初はUNIX というOSとつなげる形でつくったのですが、UNIXは当時とても値段が高かったのでそれほど売れませんでした。そこからマイナーチェンジを重ね、パソコンに直接つなぐ形にしたところ、とてもよく売れるようになりました。この製品はロングセラーになり、「純正エミュレーターよりもいいよね」という意見をいただいたときは、開発者冥利につきましたね。

イスラエル

もっと、世界に目を向けて

仕事で訪問した印象的な場所はイスラエルです。取締役に就任した翌年の1998年、岐阜県の企画で、岐阜の視察団の一人としてツアーに参加させていただいたのです。実際に訪れてみて、様々な発見がありましたね。当時我々は、主に国内に目を向けていたのですが、イスラエルは「世界へ売ろう」という国際的な視野が早いうちから確立されていることに驚きました。とある翻訳ソフトを制作している会社にも訪問しましたが、その翻訳ソフトについて「あなただったら幾らで売りますか?」と聞かれて、ちょっと戸惑った思い出があります。今や翻訳ソフトも進化していますけれど、その頃はやはり最先端のサービスだと感じましたね。イスラエルは技術やビジョン含め色々な面で進んでいて、本当に良い刺激になりました。

イスラエルでの会社訪問の後は、エルサレムやパリにも立ち寄りました。ユダヤ教の聖地でもある「嘆きの壁」では、皆が一心不乱に壁に向かってお祈りしているのを見て、その信心さが強く印象に残りましたね。パリでは、ルーブル美術館やベルサイユ宮殿などの主要な観光名所を回ることができました。

岐阜県 加賀野

更なる進化を求めて

同じく1998年、大垣市の加賀野に当社のテクノセンターができ、情報技術研究所もそこに移りました。本社から20分ぐらいのところです。そこはソフトピアジャパンといって岐阜県の情報産業の集積地で、先端研究が盛んでしたので共同研究といった形で、岐阜大学はじめ幾つかの大学とタッグを組み、様々な研究・開発を進めていきました。

特に印象的なのは「トータルモニタリングシステム」という監視カメラのシステムの開発に努めたことです。当時監視カメラはアナログで繋いでいたのですが、ちょうどLANに代わっていく時期でしたので、そこに対応するシステムを開発してほしいという需要が出てきたのです。LAN上にながれる映像を録画できるか……ハードディスクにかけるか……といったことを、試行錯誤しながら研究して、トータルモニタリングシステムを作り上げました。このシステムはいまだにそのメーカーの標準システムとして利用されています。

もう一つ思い出深いのは、中古車オークションの為の、新しい「セリ」の仕組み、インターネットリアルオークションシステムの開発です。もともと岐阜の羽島というところにセリ会場があり、そこにシステムを導入していたのですが、「実際に会場に行かなくてもインターネットでセリに参加できるようにしたい」という依頼があり、その研究開発に努めました。これは相当苦労しましたね。セリはタイミングが非常に大切で、数秒遅れるだけで致命的です。そのスピードにインターネットがついていくようになるまでが大変で、商品化されるまで3年もの開発期間を要しました。難しい課題でしたが、とても面白い仕事だったと感じています。新しいものを作り出すことは、とても嬉しく興味深いことでしたから。

つづく

企業情報

株式会社電算システム

www.densan-s.co.jp/

続きを読む

田中社長プロフィール

株式会社電算システム 代表取締役社長執行委員COO田中 靖哲 さん(1/3)


『私の地図帳』は、様々な分野で活躍するリーダーにインタビューし、地図を参照しながら人生の軌跡を追っていく波瀾万丈伝です。今回登場していただくのは、総合型情報処理サービス企業として確固たる地位を築いている「株式会社電算システム」代表取締役社長執行役員である田中靖哲さん。岐阜を拠点に世界に向けて展開するオンリーワン企業に導く手腕に迫ると同時に、それを培った経験談をうかがいました。

岐阜県 幸ノ町

活気ある町に生まれ育って

私が住んでいた幸ノ町というところは、隣の長住町と併せて町全体が総合卸売市場として知られているところで「長住町の市場」として古くから親しまれていました。岐阜内外から買出人が集まってきて、とても活気あふれる街でしたね。両親は塩干品の仲卸業をやっていましたので、私も市場の風景の中で常に暮らしていました。父親は、朝の3時4時に起きてセリに行きます。そのあと、買ってきたものや店の中のものを道沿いに出して並べると、それらを小売人が買いに来ます。市場が終わる昼すぎには片づけて……といったことをよく手伝っていました。

(さらに…)

続きを読む

茂木社長

マンズワイン株式会社 代表取締役社長茂木 信三郎 さん(3/3)


『私の地図帳』は、様々な分野で活躍するリーダーにインタビューし、地図を参照しながら人生の軌跡を追っていく波瀾万丈伝です。今回登場していただくのは、キッコーマン株式会社にて醤油の海外普及に努め、現在は子会社マンズワイン株式会社にて日本ワインの啓蒙に勤しむ、同社社長の茂木信三郎さん。豊富な海外経験を持つ茂木社長ならではの各国での体験談や、日本ワインにおける今後の展望をうかがいました。

ドイツ デュッセルドルフ

わずかな一時帰国

10年間のアメリカ駐在を終えたあとは、日本での1ヶ月間の語学研修を経てドイツはデュッセルドルフに行くことになりました。一時帰国している間は先生についてドイツ語を学んでいたのですが、どちらかというと日本語をしゃべるのが好きな先生でして、あまりしっかりドイツ語を教えてくれなかったですね。だいたいは英語でしゃべって、彼に日本語を教えているうちに、あっという間に1ヶ月が経ってしまいました(笑)。

(さらに…)

続きを読む

茂木社長

マンズワイン株式会社 代表取締役社長茂木 信三郎 さん(1/3)


『私の地図帳』は、様々な分野で活躍するリーダーにインタビューし、地図を参照しながら人生の軌跡を追っていく波瀾万丈伝です。今回登場していただくのは、キッコーマン株式会社にて醤油の海外普及に努め、現在は子会社マンズワイン株式会社にて日本ワインの啓蒙に勤しむ、同社社長の茂木信三郎さん。豊富な海外経験を持つ茂木社長ならではの各国での体験談や、日本ワインにおける今後の展望をうかがいました。

千葉県 野田市

キッコーマン発祥の地で生まれて

私が生まれたのは、キッコーマン発祥の地でもある千葉県の野田市です。キッコーマンは来年で会社設立100周年を迎えますが、設立する前からこの地で350年間もの歴史を紡いでいまして、昔から野田は「醤油の町」と言われていました。「野田市の駅でおりると醤油の香りがする」と言われるくらい、野田では醤油が浸透していたんです。まぁ、これは駅の目の前に醤油工場があったからなんですけどね(笑)。

(さらに…)

続きを読む

専務プロフィール写真

アパホテル株式会社 代表取締役専務元谷 拓さん(3/3)


『私の地図帳』は、様々な分野で活躍するリーダーにインタビューし、地図を参照しながら人生の軌跡を追っていく波瀾万丈伝です。今回登場していただくのは、独自のスタイルを貫きながらホテル業界で大躍進を遂げているアパホテル株式会社の代表取締役専務、元谷 拓さん。創業家に生まれて家業を継ぎ、今現在に至るまでの体験談や転機となった出来事、今後描いている未来地図についてうかがいました

東京 早稲田

人と人とをつなぐ幸せ

名古屋のサラリーマン生活から東京に戻ってきた私は、ほぼ人脈がゼロでした。学生の時の友達とはなかなか会えないし、かといって東京で新しい繋がりが頻繁に生まれるわけでもないし……どうしたものかと考えて、28歳の時に勉強会を開催しようと思い立ちました。そこで結成したのが「流磨会」という会です。講師の方を呼んできて、ノーギャラで専門分野の話をしていただき、それを50人くらいで聞くんです。そのあと集った人たちが名刺交換をしながら交流を深める……といった会でした。

(さらに…)

続きを読む

専務プロフィール写真

アパホテル株式会社 代表取締役専務元谷 拓さん(1/3)


『私の地図帳』は、様々な分野で活躍するリーダーにインタビューし、地図を参照しながら人生の軌跡を追っていく波瀾万丈伝です。今回登場していただくのは、独自のスタイルを貫きながらホテル業界で大躍進を遂げているアパホテル株式会社の代表取締役専務、元谷 拓さん。創業家に生まれて家業を継ぎ、今現在に至るまでの体験談や転機となった出来事、今後描いている未来地図についてうかがいました

石川県 小松市

北陸の地で培われたビジネス感覚

私が生まれたのは石川県の小松市です。小松空港がある、金沢に次ぐ第二の都市として知られていますが、10歳までここで暮らしていました。創業家に生まれたわけですが、当時はホテル事業はやっておらず、木造や鉄骨鉄筋の戸建てのハウスメーカーを営んでいました。今となっては開業予定含めホテルを約180店舗まで展開するようになり、決算上は44年間連続黒字経営を続けていますが、我々の原点は注文住宅事業であり、そこからアパグループはスタートしているんです。

(さらに…)

続きを読む

IMGP4033

株式会社綱八 代表取締役社長志村 久弥さん(3/3)


『私の地図帳』は、様々な分野で活躍するリーダーにインタビューし、地図を参照しながら人生の軌跡を追っていく波瀾万丈伝です。今回登場していただくのは、大正13年創業の老舗天ぷら専門店を営む『新宿 つな八』の3代目であり、株式会社綱八の代表取締役社長を務める志村久弥さん。新宿の地で確固たる伝統を築きながら、革新的な挑戦をも続ける志村氏ならではの世界観と、それを培った体験談をうかがいました。

フランス パリ

25年来の約束を果たすために

海外出店の目論見もありますが、いつか出店しなければいけない場所がフランスのパリです。私は27歳の時に結婚ましたが、フランスが大好きな奥さんにプロポーズするときに「将来はおまえのためにパリに店を出す」と言って、それから早25年ぐらいが経ってしまいました。なかなか実現しないので、そろそろ三行半を突き付けられるんじゃないかと、ちょっとひやひやしていますが(笑)。でも本気で出そうと思っていますし、実はパリはこれからがチャンスだと感じているんです。

(さらに…)

続きを読む

IMGP4033

株式会社綱八 代表取締役社長志村 久弥さん(2/3)


『私の地図帳』は、様々な分野で活躍するリーダーにインタビューし、地図を参照しながら人生の軌跡を追っていく波瀾万丈伝です。今回登場していただくのは、大正13年創業の老舗天ぷら専門店を営む『新宿 つな八』の3代目であり、株式会社綱八の代表取締役社長を務める志村久弥さん。新宿の地で確固たる伝統を築きながら、革新的な挑戦をも続ける志村氏ならではの世界観と、それを培った体験談をうかがいました。

三重県 伊勢

人生を変えた研修旅行

そして人生を語る時に、はずせない大切な場所がもう1つありますが、それは三重県の伊勢です。ハンドボール部のOBで東芝に努めている大先輩がいましてね。その先輩に『修養団』という社会教育団体を勧められたのがこの地を訪れたきっかけです。ちょうど20歳ぐらいの時でしょうか。ハンドボールのスランプ時期で関東学生リーグの1部から2部に落ちてしまったことがあり、その時に先輩から「精神的に鍛えられるから行ってこい」と言われたんです。よく分からないままその3泊4日の研修に参加することになり、半信半疑で伊勢まで足を運びました。

(さらに…)

続きを読む

IMGP4033

株式会社綱八 代表取締役社長志村 久弥さん(1/3)

『私の地図帳』は、様々な分野で活躍するリーダーにインタビューし、地図を参照しながら人生の軌跡を追っていく波瀾万丈伝です。今回登場していただくのは、大正13年創業の老舗天ぷら専門店を営む『新宿 つな八』の3代目であり、株式会社綱八の代表取締役社長を務める志村久弥さん。新宿の地で確固たる伝統を築きながら、革新的な挑戦をも続ける志村氏ならではの世界観と、それを培った体験談をうかがいました。

東京 新宿

新宿に根差して

つな八は、創業から約90年の歴史を新宿の地で紡いでいて、3代目となる志村家の長男として私が生まれたのも、やはり新宿でした。小さいころからスポーツが好きで、じっとしていることなく外を駆け回っているような少年でした。駆けっこも速く、いつもリレーの選手でしたね。うちはいわゆる「家業」ですし、仕事の場と家との垣根がほとんど無い家庭だったので、生まれた時から店が身近にありました。父親が天ぷらを揚げる姿を常に見ていましたし、魚河岸に出かけていく父を毎朝見送っていました。父が自宅に帰ってくるときにぷんと漂うごま油の香ばしいかおりが、いまでも印象に残っています。

(さらに…)

続きを読む