茂木社長

マンズワイン株式会社 代表取締役社長茂木 信三郎 さん(3/3)


『私の地図帳』は、様々な分野で活躍するリーダーにインタビューし、地図を参照しながら人生の軌跡を追っていく波瀾万丈伝です。今回登場していただくのは、キッコーマン株式会社にて醤油の海外普及に努め、現在は子会社マンズワイン株式会社にて日本ワインの啓蒙に勤しむ、同社社長の茂木信三郎さん。豊富な海外経験を持つ茂木社長ならではの各国での体験談や、日本ワインにおける今後の展望をうかがいました。

ドイツ デュッセルドルフ

わずかな一時帰国

10年間のアメリカ駐在を終えたあとは、日本での1ヶ月間の語学研修を経てドイツはデュッセルドルフに行くことになりました。一時帰国している間は先生についてドイツ語を学んでいたのですが、どちらかというと日本語をしゃべるのが好きな先生でして、あまりしっかりドイツ語を教えてくれなかったですね。だいたいは英語でしゃべって、彼に日本語を教えているうちに、あっという間に1ヶ月が経ってしまいました(笑)。

(さらに…)

続きを読む

麦野社長

リヤドロジャパン株式会社の代表取締役社長 兼 CEO麦野 豪さん(1/3)

『私の地図帳』は、様々な分野で活躍するリーダーにインタビューし、地図を参照しながら人生の軌跡を追っていく波瀾万丈伝です。第二回にご登場いただくのは、ポーセリンアートのトップブランドとして知られる『リヤドロ』を日本で率いる、リヤドロジャパン株式会社の代表取締役社長 兼 CEOの麦野豪氏。数々のブランドのリポジショニングを成功させてきた麦野社長の、世界各国での体験談とビジョンをうかがいました。

台湾 新竹市

経済の急成長のさなかで過ごした幼少時代

私は台湾に生まれまして、12歳まで台北の70km南に位置する新竹というところで育ちました。新竹というとまさに「台湾のシリコンバレー」と言われているところで、今ではITや科学技術の中心都市となっているところです。当時は日本よりも20~30年遅れて、経済が急成長しているさなかでした。幼少のころは、家の前の道路がまだ舗装されていなく、牛が歩いていて、家電も全く充実していなかったのですが、あっという間に自宅に電話が来て、テレビが来て……というように生活環境が急激に変わっていったのを覚えています。たぶん日本にいる60~70代ぐらいの方の幼少期と同じような時代を過ごしている感覚だったでしょうね。

(さらに…)

続きを読む